幼稚部

 
 

 幼稚部は、3歳から5歳の幼児が一般の幼稚園と同じ教育を受けます。ただ1つだけ異なるのはすべての会話が手話で行われることです。100%理解できる手話の環境の中で、子どもたちは毎日様々なことを吸収しながら、成長しています。 

   

 「健康で明るく、元気にすごそう」「自発的に活動しよう」「調和のとれた人間の基礎をつくろう」「集団でたくさん学び合おう」「毎日楽しもう」を目標に、異学年の子ども同士の交流を大切にしたマルチエイジ保育を行っています。 











 前期(4〜9月):運動会、春の遠足、七夕、お泊り会(年長のみ)、お月見会


 

後期(10〜3月):秋の遠足、千神祭、クリスマス会、マラソン大会、豆まき、そり体験、ひなまつり